福島県復興ビジョンの提言(最終案)

福島県復興ビジョン検討委員会の最終案がようやくまとまりました。

7/8までにはこのブログで成案を提示するようにします。
7/8には知事に手渡します。その後、およそ20日間のパブコメにかけ
た後に、県の「復興ビジョン」として確定します。さらにそれを受けた

形で「復興計画」を今年中にまとめますが、大きな課題は昨年スタート

させた「総合計画」の基本的な項目の修正作業です(総合計画では原発
と共生と謳っていました)。
この間に、皆さんからたくさんの激励をいただきましたことに深く御礼
申し上げます。
ただ、ご承知のように、福島ではまだ放射線量の拡散が続いており、特
に小さなお子さんを持つ親たちにとっては不安が拡大しています。
正確な放射線量の把握と徹底的な情報公開そして除染活動の飛躍的な展

開を進めるように政府や東電に働きかけていく必要がありますので皆さ

んの引き続くご支援をお願いします。もちろん長期化する避難所や仮設

住宅の過酷な生活をどう人間らしいQoLに近づけるかの課題もまだまだ

続きます(鈴木浩)。